ホーム出版物の紹介>戦時下の武蔵野 Ⅰ


戦時下の武蔵野Ⅰ

 

2011年11月1日 初版1刷発行

2012年8月1日  初版2刷発行

著 者  牛田守彦

発行所  ぶんしん出版

サイズ  A5判(左右148×天地210㎜)

頁 数  192P

価 格  1,000円+税

ISBN978-4-89390-105-7


本書について

この本からは、当時少年だった私の父たちの肉声が聞こえてくる。

声にならない叫びが聞えてくる。

牛田先生は罪のない子どもたちの未来を奪う

「戦争」という怪物のおそろしさを、

自身が汗を流して聞き歩き、私たちに伝えてくれる。

(劇作家・演出家・女優 渡辺 えり)

『戦争の記憶を武蔵野にたずねて』でおなじみの牛田守彦の新刊。
第二次世界大戦終結後65年以上たった今も、「戦い」が止むことはない。
犠牲となるのはいつも罪のない子どもたち、なぜ戦争が絶えることがないのか、その答えを求めて、牛田は戦争遺跡を訪ね続ける。
身近に残る戦争の傷痕をきちんと記録し本にして残すことこそ、戦争経験のない次世代へ「真の平和とは何か」というバトンを繋ぐことになる。

目 次

 


プロローグ 身近な地域から平和を守る力を育む

 ― 地域における空襲被害から戦争の時代を想像する―

Ⅰ 工場内の空襲犠牲者

 ― 中島飛行機武蔵製作所内での「殉職者」―

 コラム1 中島飛行機武蔵製作所「殉職者慰霊碑」

 コラム2 日本本土で最初に爆撃されたのは、いつ、どこか?

Ⅱ 爆撃による工場内の被害状況について

 ― 証言を検証する―

 コラム3 中島飛行機武蔵製作所「地下道」

 コラム4 なぜ、地域の戦争を記録し、伝えるのか?

Ⅲ 「米国戦略爆撃調査団」と中島飛行機武蔵製作所

 ― 爆撃のすさまじさを示す資料としての意義―

 コラム5 今も残る工場の建物

 コラム6 中島の廃墟・連続写真のこと

Ⅳ 米軍資料に見る中島飛行機武蔵製作所への爆撃

 ― 日本の空襲史の中で、どのような位置を占めていたか? ―

 コラム7 日本の戦闘機は反撃しなかったのか?

 コラム8 太宰治も、三鷹で空襲に遭った

Ⅴ 武蔵野町における市民の犠牲者

 ― 関前周辺での聞き取りを中心に―

 コラム9 戦時下の実物資料を集める延命寺

 コラム10 関前高射砲陣地と空襲

Ⅵ 親友の命を奪ったあの戦争

 ― 中島武蔵製作所の工員だった渡辺えりさんのお父様の体験―

 コラム11 佐野保隆さんのこと

 コラム12 中島飛行機武蔵製作所における工場疎開

エピローグ 戦時下の体験を想像し、平和を守る力にしたい

 ― 「非体験世代」は空襲体験を受け継げるのか―

参考文献

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページトップへ